東莞エヌオ金型株式会社は香港BHDグループの子会社であり、プラスチック金型の設計と製造が中核事業です。さらに、金属部品のCNC機械加工、プロトタイプ製品の研究開発、検査器具/ゲージの研究開発、プラスチック製品の成形、スプレー、組み立ても行っています。

The solutions to control the deformation of air & water tank-modification section
創造性 5コメント 2020年9月28日

空気および水タンクの変形を制御するためのソリューション-変更セクション

親愛なる読者の皆様、前回の記事(空気・水槽部の変形を制御する方法は?-設計セクション)で変形前金型を制御する設計セクションについてお話しましたが、優れた設計を行うことが前提です。実際の金型試験結果に応じて寸法を調整するための多くの修正作業。ご存知のように、異なるパーツは異なる形状を持っているため、異なる成形ステータスは異なるソリューションに一致する必要があります。わかりました、私たちがどのような解決策を実行するかを知るために私に従ってください。

一般的に言えば、通常、金型を購入できるようにするには4回の金型トライアルが必要であり、すべてのトライアルには金型の完成に貢献する役割があります。

T0:

T0トライアウトは、金型の機能をチェックし、金型で設計または作成した事前変形の結果が正しいかどうかを確認するためのチーム内部アクションです。

aed1

部品の実際の変形のデータを取得する(ベース端面、チューブオリフィス、継手穴、アセンブリバックル…)

明らかにまたは隠れているかどうかに関係なく、金型のすべての問題を見つけるようにしてください。たとえば、金型の開閉動作、金型の排出動作、材料充填バランスの状態、部品の離型状態、フラッシュとショートシャウトなどです。

サンプルを24時間常温で自由な状態に保つには、その寸法を測定し(寸法は内部修正についてのみ報告します)、特に真直度、平坦度、足の高さ、厚さなどの足の面積を確認します。足の面積は常に測定データとして使用されるためです。T0寸法レポートが利用可能になったら、溶接によってそれに応じて金型を変更します。

チップ:

T0以降の寸法変更については、平面度、真直度、直角度のみを考慮してください。

T1:

T1トライアウトの場合、通常、お客様が金型トライアルに参加します。T1の以下の目標を実現する必要があります。

金型の機能と動きはOKであり、射出状態は安定した状態で実行されている必要があります。

サンプルの寸法は、足の領域の真直度、平坦度、および垂直性でほぼ問題ないはずです。

24時間後、サンプルを測定し(完全な寸法レポートが顧客に送信されます)、結果に従って金型の変更を行います。

チップ:

コアインサートの軟鋼を必要な硬鋼に交換します。その間、ツールと標準部品をチェックしてチェックリストを準備します。

真直度、平坦度、垂直性について少し調整します。

すべての位置公差を最適化します。

achus

T2:

T2トライアウトの目標は次のとおりです。

公差内のパイプ、ブロック、クリップの95%の位置寸法。サンプルを測定し、NG寸法が残っているかどうかを確認します。

100%の真直度、平坦度、垂直性が許容範囲内です。

インサート間のすべての不一致は0.1mm以内です。

T2サンプルは、機能および組み立てテスト、テストからのフィードバックがある場合は顧客との連絡のために顧客に提出する必要があります。エンジニアリングを変更せずに、スケジュールどおりに金型を変更します。

チップ:

すべてのディメンションを最適化します。

T3:

T3トライアウト金型は、寸法とサンプルの問題を完全に完了する必要があります。

金型の機能とサンプルの品質を確認するために、工具承認トライアウト(TAまたはT4)を2〜4時間継続して実行する必要があります。試用が終了したら、最終的に出荷前に金型を確認してください。

上記は、変形前の金型修正のプロセスの概要です。詳細情報はお問い合わせください harry@enuomold.com

御時間ありがとうございます!


投稿時間:2020年9月28日